HOME > くらしょーの日記

くらしょーの日記

今日の袋井店は・・・

別になんてことのない一日でした。





月曜日だから空いてるし、祭り明けだからもっと空いてるし(*´ω`*)

なんで、マンスリー作ったりとか。




今月のマンスリーのお手本動画を撮影したりとか。

しかし、このプラネットTは映えますなw

そしたら常連さんが頑張ってトライしてくれて、非常に良い登りが見れました。

マクさんは1級登ってたし(*´ω`*)




プラネットスクール生のチヒロが打ち込んでいた3級登れたし!
よくやった!!




キッズクライマーがオアシLVゲットしに来てくれて、そしていい登りしてくれたりとか。

良い靴でしょ!?おじさんもその靴好きよ(*´ω`*)



久しぶりのお客さんもいたし、まあ平和なプラネットながらその中身は小さな嬉しいことでいっぱいだったりします。



明日は・・・・・久々に19時上がりなので、うーたんとお風呂入ります♪






グレードの話

ちょっとツイッターなんかでグレードの話したりしてますが。



れとかねw

さすがに↑はギャグみたいな話ですが、実際にそういう人もいるしいろんなグレードの感じ方もあるし、難しいですね。

グレードは目安。

たかが目安、されど目安。

私も悩みに悩んできましたが、今はこういう風に考えています。

という現状の結論みたいなものがありまして、そんなことを書こうかと思います。




3級課題は3級クライマーと、3級を目指すクライマーの為に。



たとえば、4級が登れた人にとって、保持感もパワーもムーブ強度も3級だと、難しすぎると思うんですよね。

なので、以下の3つの課題があるといいと思うんです。

①ホールドだけ悪く保持感だけ3級にして、それ以外を4級以下にして、3級の保持感を養う課題。

②ガバでムーブはシンプル、保持感やムーブ強度は無くても、傾斜があって距離をつけて、3級のパワーを養う課題。

③保持感もパワーも4級以下だけれども、ムーブの悪さだけ3級相当の、3級のムーブ強度を養う課題。

この3つが登れると、3級の保持力と3級のパワーと3級のムーブ強度が出に入るということです。

そしたら次はそれを掛け合わせる必要があるので、

①ホールドも悪くパワフルだけど、ムーブがシンプルな課題。(保持感3級・パワー3級・ムーブ4級以下)

②テクニカルかつ手も悪いけど、傾斜もないしホールドも近い課題。(保持感3級・パワー4級以下・ムーブ3級)

③強傾斜で動きも派手でホールド感も遠いけど、ガバ。(保持感4級以下・パワー3級・ムーブ3級)

そしてさらにその上に

保持感3級・パワー3級・ムーブ3級課題

すべての要素において3級レベルを要求される課題が登場すると思うんです。



どこからどこまでが3級?



さて、この流れでいくと、どこまでが3級なんでしょう?

要素が1つでも3級なら3級?

全部が3級で初めて3級?

自分は、3級の要素が一つでも入れば3級だと思っています。

最初の画像のように1/2級の要素がありながら3級になるグレーディングに疑問を持つのであれば、保持でもムーブでも3級要素があれば3級にしないと辻褄が合わないですよね。

ということで、要素が一つでも入れば3級。

さらに要素が2つ入ったらハーフグレード上がらないとおかしいので2/3級かな?

要素が3つ入ったらまたハーフグレード上がらないとおかしいので、2級かな?

すべての要素が3級の課題は2級の要素がないのに、2級になってしまいました。

こんな感じで、お客さんを見て考えてグレーディングしていくと、甘めになっていかざるを得ないのかな?というのが今考えていることです。

あと、グレード甘めだと怒られたりディスられたりするかもだけど、まあディスる人の為じゃなくて登りに来てくれる人の楽しみと成長のためにジムやってるので、そこは気にしないようにします。



グレードはコミュニケーションツールだと思う。



結局、伝わればいいんだと思うんです。

このジムは辛めだから〇級ってことはホームジムで〇級だな。とかでいいと思うんです。

そうそう、超4級+ってすごく伝わるものがあるので、コミュニケーションツールとして完璧だなとか思ったりします。

とはいえグレードはクライミングの目標の一つでもあるし、目安といえども大事なものだとも思うので、正解なんて無いながらもこれからも悩んでいきたいと思います。

とりあえずスケジュールに都合がつけれるようになったら、グレード検定出てみたいです。




終わり

グレードの話の続きを読む

名古屋でジムを巡った話。

すでに先週の話になってしまうのですが。。。

とある方から「名古屋でムーンボード設置のお仕事あるけど、行かない?」

との電話が。

前回までのブログの通り人手が足らなくてセットのお仕事もお断りせざるを得ない状況の中でしたが、あれ?明後日行けるぞ?となり、急遽行くことに。

セットのお仕事断っている真っ最中だったので、不義理をしてしまいましたごめんなさい<m(__)m>



で、お仕事内容がムーンボードのホールド設置とLEDの設置という、取説同梱されているので誰でもできるお仕事。

だけんども、ムーンボード作ってホールド付けてLED仕込んだ人なんで東海地区で多分自分しかいないし、勝手がわかるって大事だよな。と。

実際、穴のサイズに問題があり穴を大きくしたりなんだりで結構大変でした。

そんなお仕事をさせていただいたジムは、カラフルロックさん。

名古屋ではめずらしくムーンボード2017フルセット&LED完備(予定)ということで、是非皆さん行ってみてください。



お仕事のオフは。カラフルロックさんから車で5分のジム(!?)クォーレみなと店へ。

こちらはショッピングモールのシネマ館、映画館横にあるという素敵立地。

課題はすべてラインセット、しかもすべてマンスリー。全部で80課題と贅沢豪華なジムでした。

課題も楽しくグレーディングも適正。

ちょっと登って帰ろうかと思っていたけれども、思いのほか楽しんでしまいました。







今はほとんどのジムがラインセット、その中でも遠征クライマーに人気のジムは「ホールド大きめ・課題少なめ」な贅沢セットが必要になってくるわけで、でもそういうジムって大概辛めな気がするんですよね。

クォーレさんはそんなセットをしながらも適正グレーディングで、登る人の事をほんとに考えているなという印象。

適正グレードっていうと基準があるような表現だけれども、私の中の感覚では5級を登れる人が4級に、4級を登れる人が3級に挑戦できる環境が整っていればそれは適正グレードだと思っていて、グレードがきちんときれいな階段担っていることが大事かと思います。

4級をある程度登れるのに、3級を登れる気がしない。それは4級と3級の間が1.5グレード以上離れているから起こる現象なわけで、やる気も削げちゃうわけで、クォーレさんでは心折れることなく楽しめるんじゃないかな?と思いました。

壁形状は緩傾斜が多く、スラブ課題も豊富。初心者用エリアは別にあってクライマー用緩傾斜もあるので、クライマーもちゃんと緩傾斜を楽しめるのはうれしい。

最後になにより、課題が楽しいです。初段のムーブ解決に必死になりましたw

また来たいジムです(*´ω`*)

お邪魔いたしました<m(__)m>





で、次に行ったのが今回一番行きたかったジムがKNOTさん。

開店祝いで花を持っていきたかったのに、えらい時間がたってしまったorz



須澤夫妻もお元気そうで(*´ω`*)

ジム開店前はご夫妻でいろんなところで修業(!?)していて、東海地区でセットに呼ばれていくたびにいらっしゃるという努力家なお二人。

その際にはお世話になりまして、本当は開店したら真っ先に行きたかったのにもう半年もたってしまいましたorz

というわけで、お花の代わりに開店祝いの粗品を置いてきました。
多分楽しいやつだと思いますw



ジムの写真撮るの忘れちゃったけど、とにかくおしゃれ。照明・インテリア・ウォールすべてがかっこいい。

外観もかっこいいし、なんなら商店街自体が素敵だし、町全体が魅力的で、もちろんその中でKNOTは飛び切り輝いているんですけど。


課題はそれほど大きくないジムということもあって、がっつりまぶし。
ホールドも変則ポケットとか、オールドスタイルなホールドが混ざっていてビックリするけど、ここ最近見ないタイプのホールドなので多くのクライマーには斬新なのかもしれない。「なにこれ!?w」ってなりそう。
そういうホールドをこねくり回してどう保持するか考えるのってクライミングの初期に結構大事な気がするんですが、そういうことがちゃんとできるジムって少ないのかも。。。
課題も素直で真っ向勝負課題が多く、普段からこのジムで登っていると強くなりそうだなと感じました。
そして、直近のセットのメンバーを思い出して、また納得w
無添加、無着色なクライミングが楽しめました。
あと、課題数多いです。ファイル課題やイベント課題もあるでしょうし、これは飽きない。
名古屋に住んでいてホームジムにするならKNOTだな。と思いました。


私は思いのほかクォーレで疲れてしまっていて2級がヒーヒーでしたが、イベント課題?のスタート核心5級の画期的スタートを編み出したのが最大の成果w
お客さんとかにウケてたので、登りで何もできなかったけど勘弁してください(*´ω`*)

つぎは、ヨレて無い状況で登りに来たいと思いました。



飲み屋・飲み屋・ボルダリング屋。





せっかくの名古屋なのでジム梯子しましたが、体力がないので楽しみ切れないのが切ない。

忙しいのを言い訳にせず、もうちょっと頑張って登らねばと思うのでした(*´ω`*)

何とか営業中!!

なんとかなんとか。

当然どうしようもなく人不足で、私の実力ではどうしても手の回らないところも多く、関係各所には大変ご迷惑をおかけしながらも粛々と営業させていただいています。

10月11月をなんとかのりきれば、12月には回りだす・・・はず!

そしたらもっと良いジムにできるように頑張らなければ!!

というわけで、もうちょっとカツカツモードですが、乗り切りたい所存ですので、よろしくお願いいたします。









おまけ。

60連勤ぐらいしてるけど、家庭があるおかげで回復して意外と元気。
息子のおむつ変えたり娘のおもらし拭いたりと休まらないはずなんだけど、すっごい休まるのね。
まあほとんどの家事を嫁さんがやってくれてゆっくりさせてくれてるからなんだろうけど。
これで独り身だったと思うとぞっとするw

嫁と子供に感謝。

落ち着いたら旅行にでも行こう。


プラネット、ピンチです。

いやー、思いがけない事って、起こるもんですね。



弊社袋井店店長の柴垣が静岡店でのセット中にケガをしまして、膝を酷くやらかしまして、しばらく実家で療養となりました。
手術が必要で、クライミング復帰云々の前に日常生活復帰までのリハビリも必要とのことで、療養期間はかなり長くかかりそうです。
いろんな楽しい予定もなくなってしまい、本人も相当凹んでいるようですので、身近な方は是非とも元気づけてやってあげてください。

さて、本人ほどではないですが、弊社としてもエースを欠いたことにより運営がハードモードに突入でございます。
柴垣が復帰するまでなんとか乗り越えなくてはならないのですが、正直人手が足らないですorz
とはいっても通常営業などの運営は何とか大丈夫なんですが、じゃあコンペは?とか、私が呼ばれている外部セットは?とか、マンスリー課題は?となると、なかなかどうして頭が痛いのです。

どこかに『プロサラリーマン』ならぬフリーの『プロジムスタッフ』ってどこかにいないだろうか(;'∀')

というわけで、プラネットカップも白紙でございます。すみません。

なにかしら開催したいとは思っているので、形は変わろうともなにかします。よろしくお願いいたします。

そしてアルバイト、社員募集です。
出来れば即戦力だとありがたい。



というわけで弊社も大変といえば大変ですが、それよりも柴垣が一番大変なので、こんなピンチは軽々乗り越えて柴垣が帰ってきたときに、「え?全然大丈夫だったよ?」と言いたいところだけども、そうすると今度は「俺、必要ないんじゃないか・・・」と思われてもアレなのでちょっと大変そうな顔をして「まぁ大変だったけど、なんとかしたよ」ぐらいの感じでお迎えしようと思うので、関係各位ご協力をお願いいたします。


くらしょ


R&Fセット・謝罪

7/18はR&Fにセットにお邪魔してきました。

メンバーは・・・





呼んだ?

長いセットの最終日ということで、清水アツシ氏・くぼゆーじ・私。

前日まではDK・ハマケンが居たらしいです。豪華。









楽しくセットさせていただきました(*^^*)

初段から4級まで作りましたんで、ぜひトライしてみてください♪








さて、お昼ご飯中に静岡店から電話。

「お客様からお電話で、袋井店が開いていない」とのこと。

え?

スケジュール見ると・・・私だ。

すみません。ダブルブッキングでした。

100%私が悪いです。







大変申し訳ございませんでした。

休みだったところすぐに出勤してくれた柴もありがとう。

7/18(水)10:00~14:30にご来店したお客様。何らかのお詫びをしたいので、お申し付けください(..)

以後、気を付けます。

くらしょ

E-SPORTS

最近夜はもっぱら動画を見ています。







自分でやらなきゃ楽しくないと思っていたけど、楽しいがなw

 

もちろん自分でプレイしたほうが楽しいけど。

・・・買っちゃおうかなw


夏バテ

静岡店で課題の試登をしていて、どうにもこうにも登れないというか、力が入らないというか。

おっかしいなぁ。全然登れないのは課題が難しいのか?

・・・いや、これは夏バテだ(゜-゜)








というわけで、鐘庵で冷やしカレーうどん。

おばちゃんに「あれ?今日はそばじゃないの?w」って言われましたw

正直、嫁が実家に帰ってしまってから食生活荒れていて、栄養足りてないかも。。。

気を付けます。


皆様も、体調崩してないですか?

暑さに負けずに乗り切りましょう!!

息子の名前の話

息子の名前を絃(げん)にしたんだけど、「それって、星野源からとったんですか?」ときかれたので、「大ファンですが、違いますw」と答えました。
なんとなく、私たち夫婦からは女の子しか生まれてこないんじゃないかと思っていて、子どもが出来たとわかった時から女の子前提で、嫁のリクエストから漢字一文字読み2文字で、字画の良い漢字を探していました。
とにかく「倉島」の字画が悪くて悪くて・・・苦労しつつも「絃」という漢字を見つけて「いと」だ!!と。
で、どうもチンチン付いてるらしいと。あら困った。
じゃあ、「一」と書いて「はじめ」にしようと。
人生で名前を書く機会なんて山ほどあって、非常に時間がもったいない。
だったら「一」にしてしまえば、1回名前を書くたびに一秒の時間の節約になる。人生平均して一日五回名前を書くとしたら、80年生きたら48時間の節約だと。
両親から息子への最初のプレゼントは時間にしよう!
と嫁に行ったら却下されました。
なので、最初の「絃」の読みを変えて「げん」君に相成りました。
字画も良いし星野源ファンだしw

名前に意味とかメッセージとか特に込めてないです。
そんなん込めるなら沢山込めたくて「寿限無寿限無五劫の擦り切れ・・・」になっちゃう。
そんなことより、人生生きていくのに不便のない、誰でも読めるし不自然のない名前にしたほうが良いかな?と。

まあ元気で楽しく過ごしてくれれば、何でも良いです。
わがままを言えば、クライミングを好きになって一緒に岩場に行ければ最高ね(^^)

リスペクトといえば武道館の除霊式

先日シェアさせていただいた、「嫌われる勇気」の著者、古賀史健さんのnote、『リスペクトとは、どういうことか。』

この文章を読んで真っ先に思い浮かんだことは、「ジムオーナーやってると、色々言われるよなあ」という事。
いつかジムを作りたい!と思っている人は沢山いて、そういった人たちは自分のジムを作ったらああしようこうしようと日々妄想をしていると思うし、自分もジム建てる前はさんざんしていたと思う。そういった人が傍から私のジム経営とか見れば、「なんでこうしないんだ!」「あーすればいいのに!」などなど、そりゃ思うだろうな。それは、よくわかる。自分もそうだったから。実際にジム運営をしている自分でさえ日々より良くなるよう最適解を目指しているものの、まだまだ100点には程遠いという認識であって、悔しいさも日々感じつつ営業しているのが正直なところ。だから、そういう指摘も「適切だな」と思うこともあれば「分かってないな」と思わざるを得ないこともあり、だからといっていちいち「それは違う」と言うのもなんだなとモヤモヤすることもある。にんげんだもの。そんなこんなで最初のころはいちいち傷ついていたりもしたけれども、最近ではフラットに「ああそういう意見もあるのだな」「こういう誤解もうけるのだな」などと唯々受け止めることができるように、少しずつながらなってきたかな?少しは成長したかな?つまるところ、たった100坪のジムで全てのお客様・クライマーを満足させることは不可能だと思うので、来てもらった方にどうにか笑顔で帰ってもらうしかない。外野の意見よりもそこに努力のベクトルを持っていくしかないな。などと思うのです。

というわけで、最近は事務仕事よりもジム仕事をできるように、誠意努力中。

がんばります。

続きは明日。



個人的にはリスペクトといえば、ライムスターの武道館の除霊式





123456789

アーカイブ

このページのトップへ