HOME > くらしょーの日記 > 7ページ目

くらしょーの日記 7ページ目

ボルダリングジャパンカップ情報

いよいよはじまりますね!!

あと1回寝ると、ボルダリングジャパンカップです!!

3日は、予選。4日は準決勝・決勝。

PLANETでセットしていただいたセッターさんやPLANETにもお馴染みのローカルクライマーもたくさん出場します。

一人でも多く4日に残ってもらいたいので、3日はめいいっぱい応援したいところです。

そしてPLANETでは、もちろん!ココロ推しです。

是非見てみたい三連覇!!!



出場選手リスト


2/3(土曜)

女子予選 9:30~
ここをクリックでYouTubeへ



男子予選 14:30~
ここをクリックでYouTubeへ



2/4(日曜)

準決勝 9:30~
ここをクリックでYouTubeへ


決勝 14:00~
ここをクリックでYouTubeへ



私は今年は用事があり静岡にいますが、ちょいちょいYouTubeでチェックしています。

そしてPLANETでも中継予定なので、気になるけど登りたい方は、是非是非PLANETでご覧下さい(^_^)


スタッフ募集中!!

プラネット全店で絶賛スタッフ募集中です。

求人情報のページ

今までHPがそのままだったのですが、いくつか補助とかしていても書いていなかったことがあったので、修正しました。

社員は、プラネット以外のジム利用料全額補助とか、年2回靴支給とか。

 

アルバイトは、時給が3級以上だと900円、初段以上だと1000円だとか。

細かいことは要相談、ご応募お待ちしています。

 


梯子課題を考える。

梯子課題(はしごかだい)とは?
 ・梯子のように簡単に登れる課題のこと。
 ・ムーブはなく、ホールドの順番も右左の繰り返しで構成される。

梯子課題の定義って、こんな感じでいいでしょうか?


今回、比較的ディスられ気味の梯子課題について、このブログではできる限りフォローしてみたいと思います。


ディスられる理由としては、「そんなのクライミングじゃない。」に尽きるかと。
その後意見に関しては、ごもっともだと思います。
クライマーは梯子課題、楽しくないと思います。
ですが、登るのってクライマーじゃないですよね?
初めて登る人だったり、お子様だったり。
その人達が、いきなりクライミングの楽しみがわかるか?といったら、わからないと思うんです。
だからこそ、まずは「登る楽しみ」を感じてもらうためには必要かと思うんです。
ただでさえハードル高く見積もられがちのボルダリング、せっかく勇気出して来てくれたお客さんに「私にも楽しめるんだ!」と思ってほしいので。


もひとつ。
クライミングの面白さって、「理不尽を楽しむ」ことにあると思うんです。
え?こんなん持てるの?ってカチやポケットもそうですし、煩雑なムーブもそう。
ホールドがなければランジ、はたまたコーディネーションでしょうか。
どれもこれも理不尽極まりないものに対し、私たちは可能性を見出しては楽しんでいるわけです。
ただ、その「理不尽」はその人に見合った課題でないと、本当にただの「理不尽」になってしまい「楽しい」までいかないんではないかな?と。
じゃあ、初めてクライミングする人にとって最初の「理不尽」ってなんだろう?と考えたら、たとえ梯子課題だとしても「垂直の壁を登る」で充分だと思うんです。
なにせ日常生活で垂直の壁を登りませんからね。
そのうえで、「じゃあ次の課題は傾斜が100度です。」とか、「ホールドが下向きに付いてます。」など、初心者にとって無理のない理不尽の階段を作ってあげることがクライミングを楽しんでもらうためには肝要なのではないかな?と思っています。


こんな話を以前とあるジムオーナーにしたんですが、後日言われました。
「くらしょーのおかげで梯子課題作ることに抵抗が無くなった。新規さんに喜んでもらえてる。」
どうしてもクライマー出身のジムオーナーだと、それぞれのクライミング哲学があり、またいろんな人のクライミング論に触れることも多く、身動きが取りづらく感じる時があります。
「こんなことするとクライミング業界でディスられるかな?」なんて、私も毎日のように考えてしまいます。
ただ、ジムオーナーとしてやるべきことは目の前のお客さんに喜んでもらうことであって、それが梯子課題なら作ればいいと思うんです。
そのお客さんがどっぷりハマってクライマーになってくれれば、それはとても喜ばしいことだし。


というわけで、プラネットでは袋井・静岡両店舗で梯子を登れれば登れる課題から準備していますので、おっかなびっくりの貴方もぜひご来店くださいませませ。


ps.最近クライマーも梯子課題楽しいんじゃないか?と思ってる記事はこちらになります。


おまけ。 こちらは梯子酒です。




くらしょ

5周年




気づけば2日経過してしまいましたが、プラネット株式会社は1/25をもちまして5周年となりました。

いやー、いろんなことあったなぁ(*''▽'')トオイメ

なんとかやってこれましたのも、来ていただけるお客様、スタッフのおかげ様でございます。

あらためまして、心よりありがとうございますm(__)m



とはいえ、会社設立記念日なんてただ書類提出しただけの日なんで別に重要ではなくて、

4/1の静岡店3周年

4/17の袋井店5周年

こっちのほうがよっぽど重要なので、そこに向けて盛り上げていけるように頑張ります。


今後とも、プラネットをよろしくお願いいたします。



ps.写真は全然関係ないけど、今日のキッズスクールです(#^^#)



くらしょー

池さん、プラネットやめるってよ。

こんにちは、くらしょーです。



さて、FBでも先日ちらっと本人からご報告がありましたとおり、

池ノ谷袋井店長は今年2月いっぱいで退職となりました。

とっても悲しいです(T_T)



プラネット全体の経理を一手に引き受け、袋井店長として袋井店を盛り上げていただきました。

クライミングも、私と同い年ながら、入社当時は3級ぐらいだったのに今では初段だ二段だ言ってますし。

努力家で冷静沈着で、素晴らしい。

いろんな面から、本当に助けられました。

至らない社長の元奮闘していただき、本当にありがたいです。


お疲れ様でした・・・は2月いっぱいまでいるのでその後ですねw

あと2ヶ月弱、よろしくお願いします!!


ちなみに3月以降は、実家(菊川)の茶畑に戻るそうです。

きっと今まで以上にプラネットで登っているかとw

だから、寂しくないですね(^^)





さて、今後の袋井店ですが、店長職はすっかり一人前な芝垣隊員に任せられるし、経理は再び私に戻ってきて大丈夫なんですが。。。

プラネット袋井店、人手が圧倒的に足りませんorz

というわけで、

袋井店アルバイト募集!!


もちろん社員も募集中!!

詳しくはこちらです。

是非是非プラネット袋井店で働きましょう♪

よろしくお願いいたしますm(_ _)m


くらしょ

あけましておめでとうございますm(_ _)m

久方ぶりのブログとなってしまいました。


あけましておめでとうございますm(_ _)m

本年もよろしくおねがいいたしますm(_ _)m


誕生日も無事迎え、年男の36才、アラフォーの入り口です。

クライマーとして考えたら、なかなか厳しいですね。

先日まで膝を痛めていて、今は肩が痛くて登れないという。

疲れたら回復しないし、まあそんなもんですよね。

もうちょっと強くありたいと粘りたい気持ちもありつつ、そこに捕らわれすぎても良くないですし・・・。



とはいえ考え方を変えれば、働き盛りの40代が終わるまでまだ14年もあるので、バリバリお仕事頑張ります(^o^)



改めて、

本年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m





昨日・今日と袋井店にてセットでした。
ゲストセッターとして博多・ジップロックの数馬君に参戦していただきました!!
プラネットとジップロックの開業時期がほとんど同じで、ジップロックのほうが早かったので建設中に見学にお邪魔したのが懐かしい。
作ったのは同じ飯山親方。
ウリの壁は同じくバルジ壁。
ということで、プラネットとジップロックは兄弟壁なんですね。
ジップロックおにいちゃんですね(*´▽`*)

そして、数馬君についてクライミング知らない人にもご紹介。
十数年前にボルダリングのツアー戦『B-SESSION』で総合優勝したレジェンドクライマーの1人であり、現役で高難度を登るクライマーであり、日曜日のジャパンカップ一般予選でも圧巻の登りで本選出場を決めた、強ーいお方。
くらしょーも現役の時に同じコンペに出ていましたが、私はだいたい準決どまり、彼はいつもファイナリストで優勝候補。
一度だけ同じ決勝に出れたことがあったかな?
というわけで、ガチリスペクトなクライマーでありジム経営者であり、パパとしても先輩だったりします。

 
今回のセットは彼の得意な『バルジ壁』ということで、ブンブン腕を振り回して高難度作ってくれました!優しい課題もあるよ(*´▽`*)
素敵な課題をありがとうございました(/・ω・)/

おまけ
さて、そんな数馬君と一緒に登れるイベントが今週末に愛知県であります。
https://www.facebook.com/events/153060878758343/

オルコで土曜日に数馬道場が開催されるそうです。
まだエントリー大丈夫かな?
いい機会だと思いますので、ぜひぜひ参加してみてくださいな(*´▽`*)


草草コンペについて思うこと。

草コンペは、順位が大事だと思います。
しっかり順位が付くことを目標にやってます。
頑張った人が報われるようなイベントにしたいですね。

草草コンペは、参加する全員に楽しんでもらうことを目標にやっています。
順位は大事だけれども、酒の肴のようなものだと思っています。
草野球の「目的は反省会のビールで野球は2の次」みたいな。

先日静岡店開催した「うめぱんカップ」、袋井店で開催した「龍鳳カップ」は両方とも草草コンペかなと思っていて、普段コンペに出ないような人も出てくれるから、そういう人も楽しんでくれたらいいな(*´-`)と思って運営しています。
もちろん順位もちゃんとついたし、それ以上にみんな楽しそうで何より何より(*´-`)

次のイベントも楽しんでもらえるように、頑張りましょう!


なぜMOONBOARDが楽しいのか考えてみた。

こんばんは。

くらしょーでございます。

今晩は、moonboardについて。

おかげさまで、プラネットにもmoonboardを設置しまして、両店舗ともLEDも設置させていただきました。

静岡県にはJAMの静岡・浜松店、QRIMOとすでに3台あるなかで更にPLANETの2台が追加され、静岡県だけでmoonboardが5台あります。

なぜPLANETがmoonboardを設置したかといえば、JAMさんやQRIMOさんでmoonboardを楽しんで「PLANETにもmoonboard欲しいなぁ」みたいな声をちらちら聞くようになったというのは大きいですね。

実際、PLANETでも好評でして、LEDで課題がわかりやすくなったことも含めて皆さんハッスルしていただいています。

ですが、ベテランクライマーさんや長年クライミングやってきた方からは、時々聞くんですよね。

「何が楽しいのかわからない。」

私個人的には今はめっちゃ楽しんでいますが、なんとなくわからないでも無いんですよ。

ちょいとそのあたり考えてみたので、ちょっと書いてみます。




ボルダリングジムの課題って、もともとハンドサイズの物ばかりで、課題は「強くなるため」※2に作られていました。

岩場にで課題を登るのが目的のクライマーがトレーニングの為に作った物なので、当然です。

ムーブも今ほど複雑では無く(※1)、コーディネーション課題もせいぜいランジぐらい。

シンプルなムーブの中に、保持やフィジカルを要求される課題が多かったと思います。

で、ここ5年ぐらい前から、ジムの課題の質がガラッと変わりました。

なぜなら、この5年でジムが猛烈に増えたからです。

今まではジムなんて選べなかったけど、ジムが複数選択できるようになり、なんらかしら差別化しなくてはいけない。

そこで、『強くなる為の課題』から『楽しむための課題』へと変化していくわけです。

見た目にもインパクトがあるように大きなホールドになり、ムーブも大きくなり、『コーディネーション課題』なんてものも登場します。

壁傾斜のバリエーションを出すためだったハリボテも、ホールドとして課題で保持るようになりました。

ここ5年でジムの課題の質がガラッと変わってしまったわけです。




で、肝要なのが、大半のクライマーがここ5年ぐらいで始めたのでは?ということ。


moonboardはホールドが小さくムーブもシンプルながら、保持とフィジカルを要求される『強くなるための課題』だったわけです。

昔のクライミングジムは『強くなるための課題』だらけですから、いわばジム全面moonboard状態。

昔からのクライマーからしたら、moonboardについて「昔死ぬほど登ったよwなんでいまさらw」と思っても仕方ないかなと。

ですが、ここ5年で始めたクライマーにとってmoonboardは、それはそれは新鮮で衝撃的な体験になるのではないか?

ムーブの読みもへったくれも無く、持てるか?動けるか?つかめるか?耐えられるか?を問われるシンプルな課題。

「こんな課題登ったこと無い!楽しい!」と思うのだと思います。




実際私も17年登ってますが、結局この5年間ぐらいは「楽しい課題」を作ることに注力していたせいか、moonboardとても楽しく感じます。

シンプルな課題の中で、「動き出しのタイミングから膝を入れるタイミングを0.1秒遅くしてみようか」とか、「肘をほんのちょっと上げると登れるかな?」とか、大きな動きのクライミングよりもより繊細で緻密なムーブを考えさせられるのがとても楽しい。

そんなこんなで最近は普段のセットでもシンプルな課題作成を意識しています。

ひとによっては「全然ムーブ無いじゃんつまんない」と思われるかもしれませんが、実力ギリギリのクライマーがより繊細で緻密なムーブに意識がいくようになれば良いな♪なんて意識して作っていますが、お客さんどうでしょう?

一人でセットしてもバラエティーに富んだ課題が作れるとよいなと、そのバラエティーの幅がmoonboardを考えることによって広がったかな?などと考えています。





先に『ここ5年で課題が変わった』と書きましたが、私が静岡に住んでいて静岡の肌感覚で感じただけなので、場所により様々だとは思います。

都会とかでは、もっと早くから変化が起きていたのかしら?

私の第二のふるさと、福井県唯一の民間ジム『ROCKSCAPE』では、民間唯一だからかオーナーのこだわりか、たぶん後者いや絶対後者ですが、いまだに昔ながらの『強くなるための課題』ばかりのジムでした。

公立の福井県立クライミングセンターが来年の福井国体の対策として大きなホールドでコーディネーション課題作っているのが、逆っぽくて不思議な感じですね。

たぶん、ROCKSCAPEにmoonboardがあっても流行らないかもなとは思います。

そこにいくと静岡県では昔ながらのジムが絶滅危惧種なので、よりmoonboardがウケやすい環境なのかなと感じます。




私が考えたのはこんな感じです。


moonboardが楽しい理由、いかがでしょうか?

ご意見ご感想ご反論ありましたら是非お聞かせ下さい。

さて、そのmoonboardは今後新たなホールドが追加され新しい展開に進んでいくようなので、とても楽しみにしています。

もちろん、PLANETでも最新バージョン提供予定なので、そちらもこうご期待ください!






※2 『強くなるための課題』と書くとじゃあ現代的な課題は強くなれないのかとか言われちゃいそうですが、正確には『岩場で強くなるための課題』ですかね。
   ただ、コーディネーションばっかりやってればコーディネーションだけうまくなれますが、カチは持てるようにはならないと思います。

※1 そういえばフィギュア4ってあったね。今コンペに出すと誰もやってくれない。知らないからorz
   でも、こういう懐かしいムーブもまた新鮮で喜んでもらえたりとかするので面白い。


富山のボルダリングジムareさんでセットしてきました!

富山のボルダリングジム『are』さんでセットしてきました。

オーナーは富山のレジェンドクライマー『六反』さん。

年に一度の総ホールド替えに参加させていただきました。

そのセットが凄い!!

まず、3人のセッターさんが2日間で課題を作った後に、後半組3人のセッターがまた2日間かけて課題を作るという。

合計12人工+オーナーという豪華なセット。

前半はDK・だいじろー・奥井さんとメンバーも豪華。

後半組はケイタマン・若様と豪華なメンバーと恐縮な私でセットでした。

セッターも多く、セットの最中もオーナーがせっせとまぶしをし、最終日には壁としてかなり完成した状態に。

リニューアルオープンから早くも課題びっしりホールドびっしりの、課題を楽しんだ後も作って登って楽しめる、強くも楽しみもできる素晴らしい壁になったのではないかと思います。

素晴らしいセッター勢の末席を汚せたことが光栄でございます_(._.)_

久しぶりの北陸は、懐かしくて楽しいセット旅になりました。

本当にありがとうございます!!


<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ